スポンサード リンク

2011年05月19日

生姜のカビない保存方法

生姜ってすぐカビてしまいますよね。
ものにもよるのかもしれませんが、そのまま買ってきて冷蔵庫に入れておくとミイラ化するかカビてしまうかどちらかで、なかなか最後まで使い切れません。
かびてしまった部分を切って使うこともできるんですが、出来ればそうなる前に対処したいですね。

ショウガをかびさせない為には、保存方法が大事。冷蔵庫にそのまま入れるなんて、絶対にダメです。
よく洗ったあとに焼酎につけ、タッパに入れて冷蔵庫で保存すれば、なんと半年以上も持ちます。漬けるほどの焼酎も勿体無い、そこまで持たなくてもいいって場合は焼酎をキッチンペーパーに染み込ませたもので、でショウガを包み、タッパーなのど保存容器にいれておけばOKです。
使う前に水であらえば焼酎の匂いも気になりません。

他にも生姜をそのまま冷凍保存する方法もあります。使いたいときに凍ったまますって使用できますよ。
皮が気になる方は、こすれば簡単にとれます。皮をつけたままでも風味豊かになるので、とるとらないはお好みで。
するときは冷凍庫から出して硬いうちにすりましょう。すべりやすいので怪我に気をつけてください。刻んで使うときは、半解凍にして切れる硬さになってから包丁をいれます。
この時注意するのは、完全に解凍しないこと。完全に解凍してしまうと、生姜がふにゃふにゃになって扱いづらくなってしまいますので、気をつけてください。
posted by キキ at 16:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。