スポンサード リンク

2011年05月27日

ストレスによる吐き気の解消法

慢性的に吐き気がある場合、ストレスのせいかもしれません。
自分でもストレスを感じているのかどうか、わからない。そういう性格じゃないといっても、ストレスが原因だったりします。

ストレスといえば、人よりちょっと神経質な人がなると思いがちですが、自分で意識してる中だけのことだけではなく身体が過敏の場合もあります。
寒さなどの刺激が、知らず知らずのうちにストレスになることもあります。
朝や外出しようとした時、外出中に慢性的に吐き気がでるという症状の場合、ストレスの可能性が高いです。病院に行って体に異常がなかった場合には心療内科に相談してみたほうがいいと思います。

吐き気は満腹時ににおきやすいので、一度に沢山食べるより、量を減らして食事の回数を増やした方がおきにくいです。
ストレスによる吐き気を改善するため、自分の気持ちの切り替えを上手くしましょう。自分の状態を受け止めて、周りの人の協力を得られるように話しておいたり、トイレの場所を確認したりして、いざとなったら休めばいい。食事も食べれる時に食べればいいと、気楽に考えることが解決への近道だと思います。
posted by キキ at 10:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。