2011年05月25日

太ももを細くする運動

ダイエットして痩せても、何故か太ももだけ太いままの原因は筋肉不足かもしれません。
運動していてもうまく太ももの筋肉がつかえていないと、そこだけ脂肪が残ってしまいます。

自宅で簡単に太ももを細くする運動方法を紹介します。

壁の正面に気を付けをして立つ→両手の平を壁に付け(肘はのばす)→ゆっくり左足を後ろにあげる。
この運動を10回1セットで、左と右3セットずつ行います。

簡単に出来るので空いた時間があったらこまめに運動しましょう。

太ももを細くする為には普段の姿勢も大事です。歩くときにひざから力を抜いてしまうと、体の重心が後ろの方になってしまい、だらだらした歩き方になってしまいます。筋肉をきちんと使えてないので太ももだけでなく、下半身太りの原因になります。
体の重心を後ろにいかないように、背筋を伸ばしてしっかりつま先まで使うように意識して歩くことが大事です。
この姿勢で太ももを細くするイメージを持ちながら、毎日40分以上歩くようにするとお尻やお腹周りにもとても効きますよ。
posted by キキ at 17:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

新婚旅行の時間が取れないときは国内で

仕事の都合上あまり休みがとれなくて、新婚旅行に日数がかけれない方は、国内旅行がおすすめです。2泊3日程度で楽しめる、国内での新婚旅行プランを考えてみました。

王道ですが、ディズニーリゾート。フリーパスを購入して、ホテルも普段泊まれない憧れのミラコスタに泊まります。滞在中、ずっとディズニーの夢の世界にいることが出来ますよ。
沖縄の離島もいいです。本島も素敵ですが、離島は更にリゾート気分が味わえます。綺麗な海を船にのってのんびり眺めると日本にいることを忘れそうになります。
また、観光地を目的にするのではなく、憧れの旅館に滞在する旅行というのもいいと思います。最高級のおもてなしと雰囲気のいい宿で食べる料理は、とても思い出に残りますよ。

相手と相談して、海がいいか山がいいか、何を重視するかを考えながら計画をたてていきます。時間がないのでポイントをしぼって、普段味わえない旅にしましょう。
旅行先でディナークルーズなんかも素敵ですね!国内旅行でも楽しめるところは沢山ありますので、色々調べてみるといいと思います。
posted by キキ at 15:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

お返し用のギフトセットを探そう

バレンタインにもらった義理チョコのお返しは、甘いお菓子が一番手軽で無難です。ただ注意しなければいけないのは、「ちょっと高級」なものを渡す事です。
高いものという意味ではなく、たとえ小さくても、少なくても、ちょっと高級感がある方がいいです。ちょっと名の知れたお菓子屋さんのお菓子や、ちょっとおしゃれなケーキ。ちょっとおしゃれな包装のギフトなどなど。
コンビニで買うギフトより、断然喜ばれます。お菓子以外にはちょっと高めなランチでお返しする方法もあります。

その他には女性に人気なハーブティやアロマグッツ、バスグッツ、ボディケア用品などもホワイトデーのギフト用にセットになって売っているので覗いてみてはどうでしょう。
職場でもらったものなら、みんなで少しずつ出し合ってまとめてお返しするのもいいかもしれませんね。

本命の彼女にはお花なんてのもいいですよ。お花をもらって喜ばない女性はいないので、せっかくの機会に贈ってあげてください。
それだけだとちょっと・・と思われる場合はプレゼントギフトに花を足してあげると、かなりグレードアップしたようにみえますよ。
posted by キキ at 23:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生姜のカビない保存方法

生姜ってすぐカビてしまいますよね。
ものにもよるのかもしれませんが、そのまま買ってきて冷蔵庫に入れておくとミイラ化するかカビてしまうかどちらかで、なかなか最後まで使い切れません。
かびてしまった部分を切って使うこともできるんですが、出来ればそうなる前に対処したいですね。

ショウガをかびさせない為には、保存方法が大事。冷蔵庫にそのまま入れるなんて、絶対にダメです。
よく洗ったあとに焼酎につけ、タッパに入れて冷蔵庫で保存すれば、なんと半年以上も持ちます。漬けるほどの焼酎も勿体無い、そこまで持たなくてもいいって場合は焼酎をキッチンペーパーに染み込ませたもので、でショウガを包み、タッパーなのど保存容器にいれておけばOKです。
使う前に水であらえば焼酎の匂いも気になりません。

他にも生姜をそのまま冷凍保存する方法もあります。使いたいときに凍ったまますって使用できますよ。
皮が気になる方は、こすれば簡単にとれます。皮をつけたままでも風味豊かになるので、とるとらないはお好みで。
するときは冷凍庫から出して硬いうちにすりましょう。すべりやすいので怪我に気をつけてください。刻んで使うときは、半解凍にして切れる硬さになってから包丁をいれます。
この時注意するのは、完全に解凍しないこと。完全に解凍してしまうと、生姜がふにゃふにゃになって扱いづらくなってしまいますので、気をつけてください。
posted by キキ at 16:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

日焼け止めの塗り直しのコツ

汗をかいたら日焼け止めを塗り直ししますが、そのまま上から重ねるのはよくありません。
汗をかくと、汗と皮脂やほこりなどが混じり肌の上がとても不衛生な状態になります。

対処方法として、日焼け止めを塗りなおす前にコットン、もしくはティッシュを濡らして固くしぼり、肌を軽く抑えます。
この1ステップがとても大事です。

塗りなおすことも大事ですが、日焼け止めに頼り過ぎないほうがいいです。
日傘や手袋などでできるかぎり肌に日があたらないように気をつけましょう。

また裏技としてアイスノンなどをタオルで首に巻いて、汗をかかせないという方法もあります。
丁寧に日焼け止めを塗りなおしても、どうしてもムラになったり、塗りなおす時間がないような時はこの方法で乗り切ります。
タオルといっても可愛いストールの中に仕込ませたり、ハンドタオルに巻いて汗をかきそうになったら首筋にあてるという方法もあります。
手がかかりますが、日焼け止めを塗りなおすより肌への負担は少ないかと思います。

やいて後悔をするより、万全の準備で夏を迎えたいですね。
posted by キキ at 11:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。